電気代の平均金額。二人で住むと、電気代は得する? 逆に高くなる??

電気代の平均金額は一般的にはいくらぐらいなのでしょうか?

 

電気代

 

「うちの家庭は平均より高いの?安いの!?」

 

気になりますよね(笑)?

 

このページでは、一人暮らし、二人暮らし、それぞれの電気代の平均金額を見てみたいと思います。

 

まず、一人暮らしの電気代から見て行きましょう。

 

一人暮らしの家

 

日本において国の機関による家計調査の結果、2015年の34歳以下の一人暮らし世帯における電気代の平均額は

 

年間39,079円

 

だったそうです。季節別を踏まえずに単純に12ヶ月で割った平均額は、

 

一月あたり3,257円

 

となっています。また、2012年〜2015年の平均額で見ると、

 

年間39,894円

 

一月あたり3,325円

 

という結果が出ています。

 

また、日本は寒暖の差がはっきりしている国ですので、一人暮らしと言えど、季節によって電気使用料は違ってきます。2014年の国の調査では、一人暮らし世帯において、

 

夏季(7〜9月):5,103円

 

冬季(1〜3月):6,988円

 

という電気代の平均額の結果が出ています。このことから、冷房代よりも暖房代のほうが高く付くということが分かります。夏のエアコンの方が高くつくイメージがありましたので、興味深い結果です。電気代を節約したいなら、冬場の暖房代を見直すことがポイントですね。

 

では次に、電気代の平均金額、これがカップルや親子などの二人暮らし世帯となると、どうなるでしょうか?二人暮らしの電気代の平均額は、2015年では、

 

二人暮らしの家

 

年間117,156円

 

一月あたり9,763円

 

となっています。2012年〜2015年の平均額を見ると、

 

年間115,472円

 

一月あたり9,623円

 

という結果となっています。

 

これらの結果から分かる通り、日本においての二人暮らし世帯では、一人暮らし世帯よりも一人あたりの電気代が、

 

一月あたり1,487円

 

年間17,842円

 

も増加してしまうようなのです。

 

家とお金

 

二人で住んでいるため、一見電気代が得しているかと思われますが、逆に高くなってしまうんですね!一体なぜなのでしょう? それにはいくつかのちゃんとした理由がありました。

 

  • 二人の外出時間が必ずしも毎日同じではなく、どちらかが部屋にいる場合には電気代がかかってしまうため。
  • 一人暮らしよりも部屋数が多いため、必然的に電気使用量が増えるため。
  • 契約アンペア数も高くなることにより、基本料金が増えるため。
  • 使用人数の増加によって、冷蔵庫などの家電が大型化してしまうため。
  • パソコン周辺機器、スマートフォンなどをはじめとする個人用家電が二人分に増加するため(これらの電気代は純粋に2倍になる)

 

など、これらの要素により電気使用量が増えるとともに、従量料金の段階も上がり、電気代が必然的に増えることとなるようです。

 

以上、一人暮らし、二人暮らしの電気代の平均金額をまとめてみました。皆さんのお宅では、これよりも高かったでしょうか、低かったでしょうか? 高かった場合は、やはり何か特別な原因があると考えられます。一般的な家庭に比べてどこに余分な電気代が使われているか、ぜひ見直してみてください。

 

 

お財布がピンチ! 電気代を滞納しそう…

電気代はバカになりません。特に、エアコンフル稼働の夏や冬は、支払いが厳しいことも。では、万が一、電気代を滞納してしまうとどうなるでしょうか。電気は止められてしまうのでしょうか。

 

電気代を滞納してしまうと…