電力自由化。「セットプラン」がお得になる理由とは?

2016年4月から始まった電力自由化は、地域で決められた電力会社だけでなく、参入を決定した企業と契約することが可能となりました。

 

電力自由化

 

参入を決定している企業はガス事業を行うところや、通信会社、ガソリン事業に加え、一般的な企業も参入してきて、様々なメリットを追加しています。

 

これまで大手電力会社の独占事業だったものが、多くの企業が参入することによって価格競争を行うことで、電気代が安くなるように意図されています。

 

ところが、問題は「何でも安くなるというわけにはいかない」という点です。

 

これまで日本の料金プランは、使う量によって単価が上がる3段階制を採用していましたが、このプランが無くなることによって、大口の電気料金が大幅に下がります。二世帯住宅など使用量の多い家庭では、これまでよりお得になるのですが、ひとり暮らしなどの少ない使用量では基本的に変わることはありません。

 

電力自由化

 

また、契約先によっては逆に高額になることもあるため、利用する場合は慎重に選ぶ必要があります。

 

ここで便利なのが、参加する企業によって電気料金と自社のサービスをセットにしたプランです。例えばガス会社であれば、ガス料金とのセットプランで利用すれば、全体の料金からいくらか割り引きされるというもので、通信事業であればネット回線や携帯電話の利用料と含めて割安な利用ができるようになります。

 

電力自由化(電気とガス)

 

これまでは電気の使用量の検針や管理といった人件費が必要でしたが、他の企業が一緒に管理することで大幅なコストカットが実現します。つまり、2つ以上の契約をすることで必要な人件費などを1つにまとめ、料金を安くできるのです。

 

こうしたセットプランはひとり暮らしの人でも利用できるので、単体で電気料金を支払うよりもお得になります。金額については電気の使用量や地域、利用する企業、セットプランといった条件で変わるので一概には言えませんが、大体5%は安くなると言われています。場合によっては10%以上安くなることもあるので、利用しない手はないでしょう。

「Softbankでんき」の特徴と、乗り換えるメリットについて

ここでは、「Softbankでんき」にすることのメリットをお伝えします。「Softbankでんき」は携帯会社のソフトバンクが提供する電気事業の事です。ほとんどの人が、CMなどで目にしたことがあると思います。

 

ソフトバンクのCMのお父さんのような柴犬

 

現在使っている東京電力や中部電力から「Softbankでんき」に乗り換えることで、毎月の電気代の節約につなげるサービスです。

 

今までは、電気会社は独占で決められていました。しかし、電力の自由化により色々な電力会社を選べる様になりました。ソフトバンクはその中でも、携帯電話と直結しているので、多くの人が恩恵を受け易くなっています。

 

ソフトバンクの携帯電話を持っていると「おうち割」と言う割引サービスの適用が可能です。これにより携帯電話料金と電気料金さらにインターネットも「ソフトバンク光」にしていると全てが一まとめに出来ます。

 

電気を2年間の定期契約にする必要はありますが、それにより、ソフトバンクでんきバリュープランならまず毎月200円電気代が割引になります。ここに、インターネットもセットの場合、最大2000円の割引が一人当たり入ります。ソフトバンクを使う家族が多ければ、このネット割引も増えていきます。それにより、月々のトータルコストがどんどん抑えられるという仕組みです。

 

加えて、ソフトバンクはTポイントカードのポイントも付与されます。電気代1000円に付き5ポイント貯まるので、電気代節約と同時に携帯代も抑えられ、更にTポイントも貯まると言うメリットがあります。

 

i-phone

 

ソフトバンクの携帯電話を使っている人は検討してみる価値がありますし、これをきっかけに携帯電話をソフトバンクに乗り換えようと言う人もいるでしょう。ただ、まだもう少し様子を見てみようという人も多そうですね。

「じぶん電力」の特徴と、乗り換えるメリットについて

2016年4月から施行された制度に電力の自由化があります。制度では、自由に電力会社を選ぶことができるようになっており、ユーザーはより安い方法を選択することが可能となりました。

 

電力自由化

 

エコな電力自由化を提唱している企業に、「日本エコシステム」があります。日本エコシステムは「じぶん電力」と命名されたサービスの提供を行なっており、その内容は、ユーザーにとってもメリットのあるものとなっています。

 

「じぶん電力」、きいたことはありますか?

 

「じぶん電力」の仕組みは、太陽光発電システムを設け、ここで発電をした電気を自宅で使用する内容となっています。つまり、自宅を発電所にすることで、電気代の軽減が図れるようになっているのです。

 

ソーラーパネル

 

発電していない時間帯や不足電気に関しては日本エコシステムから購入をすることになりますが、足りない分のみを購入すればいいため、電気代を安くまかなうことができるようになります。

 

また、逆に余った分は日本エコシステムに売電することができるために、効率的な電気の利用ができるようになっています。

 

通常、太陽光発電の場合には、一般的な住宅でも100万円以上の初期投資が必要となるために、費用対効果の面で難点がありました。しかし、「じぶん電力」では初期費用を0円で始めることができるために、ユーザーには高い魅力のあるサービスとなっています。